AGAの科学的原因

AGAとなり理由には、生活習慣や遺伝など様々な原因が複雑に絡みあっていると考えられていますが、正確には原因が立証されていません。遺伝が影響しないという証明もなされていません。環境によって同じような結果になるとの仮説もあります。

ただ、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)の関与がAGAの原因になっているということが、唯一分かっています。男性ホルモンDHTは、前立腺や頭皮に存在する酵素「5α-リダクターゼ」が、テストステロン(男性ホルモンの一種)を変換させることにより発生し、血中のDHTの濃度が高いほど、AGAが進行するということです。

つまりAGAを治療とは、男性ホルモン生成の抑制なのです。

科学的原因から科学的な治療を行う

現在、AGAは薬剤療法で治療できます。

具体的な使い方は後述しますが、方法としてはプロペシア錠という薬を飲むこと、ミノキシジルという成分が含まれている育毛剤を塗ることがあります。

これらのAGAの薬物療法で使用される薬剤には、5α-リダクターゼを阻害するものと、血行を改善し発毛を促進するもののがあり、これらの薬剤で男性ホルモン生成の抑制を行います。

5α-リダクターゼを阻害する薬剤には、育毛剤「プロペシア」や「フィンペシア」に含まれている「フィナステリド」、育毛剤「アボダート」の主成分である「デュタステリド」があります。プロペシア錠を服用することが一般的です。

また、血行を改善し発毛を促進する薬剤には、「ミノキシジル」があり、毛根の働きを活性化させる効能に期待が持てます。具体的な育毛剤は「リアップ」があります。また他にも「ロゲイン」や「ザンドロックス」などの外用薬や、「ミノキシジルタブレット」などの海外の内服薬があります。

これらの手に入れ方は後述します。