今は薄毛はAGAという病気である

最近広告では AGAについて医者に相談するようにすすめるような宣伝をしていることがありますが、実際AGAがなんなのかわからない人もいると思います。AGAは正式にはAndrogenetic Alopeciaという名称です。

日本語に訳すと、男性型脱毛症という事になります。

つまり毛が抜ける状態になっているということです。

AGAという病気は放置するとどうなるか

AGAは成人した男性に多く見られる症状ではあるのですが、遺伝や男性ホルモンの関係でなることが多いとされています。しかし放置しておくとさらに進行してしまい、薄毛や地肌が見えてしまうという状態になってしまいます。

AGAは気にかけている人はともかく、何もしてない人は進行してしまうそうです。気にしている人は何かしろのケアをしていますが、それも間違ったケアをしてしまうと進行を食い止めることにならず進行してしまう可能性もあります。できるだけ早期に進行を食い止めて回復させることが、薄毛や抜け毛の対策にもなります。

AGAという病気は何が原因か

AGAになってしまっている人と正常な人との違いはなんでしょう。

問題は成長期です。

髪の毛には大まかに分けて休止期と成長期と退行期があります。この時の 休止期と退行期は、正常な人もそうでない人も大差があまりないのですが、通常成長期が2から6年のところを、AGAの人は数ヶ月から一年で成長を終えてしまいます。つまり成長する期間が短ければ、太い毛が育たないので、薄くなってしまうのです。

AGAの人はこの薄毛になりやすいサイクルを続けてしまています。ですのでサイクルを正常に戻してあげれば良いわけです。