薄毛はAGAといって治療できる時代

薄毛に悩む日本人男性は1000万人とも言われています。

20代でも多くの人が悩んでおり、10人に2人ほどは薄毛で悩んでいます。

年代で見ると30代が一番多いですね。

実は高齢者でもかなりの人が悩んでいますが、彼らのほとんどが薄毛の治療を行なっていません。なぜかといえば、高齢者の方は昔の時代に若い頃を過ごしたために一度ハゲてしまったらもう二度と元に戻らないという考えに染まっていたのです。

しかし今は違います。 薬で薄毛が克服できる時代になりました。

具体的にはプロペシア(薬名:フィナステリド)とリアップ(薬名:ミノキシジル)です。

これらの薬を使えば男性型脱毛症(AGA)による薄毛の場合、かなりの確率で髪を増やすことができます。

ではこれからどうやってこれらの薬を使えばいいか解説しましょう。