ミノキシジルが含まれている育毛剤を使う

お医者さんでのAGA診察は基本的にはプロペシア錠処方です。

後はどれくらいの頻度で処方するか、

高額な薬代を負担できるかの問題です。

しかしそれ以外にもAGA治療薬はあります。

ミノキシジルです。

こちらは育毛剤に含まれる成分であるために、育毛剤として購入し直接頭皮に塗ることで効果を発揮します。

こちらはお医者さんの処方なしでもドラッグストアで購入できます。

AGAの原因とミノキシジルを使う理由

そもそもAGAの原因は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)の関与です。男性ホルモンDHTは、前立腺や頭皮に存在する酵素「5α-リダクターゼ」が、テストステロン(男性ホルモンの一種)を変換させることにより発生し、血中のDHTの濃度が高いほど、AGAが進行するということです。

プロペシア錠は5α-リダクターゼを阻害する薬剤ですが、もう1つに血行を改善し発毛を促進する薬剤として、「ミノキシジル」があります。このミノキシジルは毛根の働きを活性化させる効能に期待が持てます。

ミノキシジルが含まれる具体的製品

このミノキシジルが含まれる日本の具体的な育毛剤は「リアップ」があります。

しかしリアップは非常に効果な育毛剤です。プロペシア錠と同じくらいの7~8,000円ほどがかかります。リアップにもいくつか種類があり、各々値段が異なりますが1万円ほどの負担となってしまうでしょう。

またこちらのミノキシジル含有育毛剤は、海外ではジェネリック薬品が販売されています。「ロゲイン」や「ザンドロックス」などの外用薬はリアップよりも非常に安価で手に入りますし、また他には 「ミノキシジルタブレット」 などの海外の内服薬があります。