プロペシアとミノキシジル最強

AGA診察は結局のところプロペシア錠処方ですが、それ以外ではミノキシジル含有育毛剤を塗るという方法もあります。

つまりプロペシアとミノキシジルを併用することが最強なのです。

基本的にどちらが強いとか、そのようなことは比較しても意味がありません。

それぞれ別の方面でAGAに効果的です。

プロペシアとミノキシジルそれぞれの効果

AGAの原因は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)の関与であり、男性ホルモンDHTは、前立腺や頭皮に存在する酵素「5α-リダクターゼ」が、テストステロン(男性ホルモンの一種)を変換させることにより発生し、血中のDHTの濃度が高いほど、AGAが進行するということです。

つまりDHTを抑制することと、血行をよくすることが効果的です。

AGAに対してプロペシアには、DHT(AGAの原因)を抑える強い抑制効果を発揮します。逆にミノキシジルにはこの効果はありません。

そしてミノキシジルは血行を改善し発毛を促進する効果があります。

それぞれ別々の効果によってAGA治療になっているのです。

両者を比較してもあまり意味はなく、両方やることでAGA治療の相乗効果が見込めるのです。ただし、AGAの根本的解決になるDHTの抑制という意味ではミノキシジルはその効果がありませんので、プロペシア錠を処方しなければDHTは抑制されません。優先度はミノキシジルよりはプロペシア錠といっていいでしょう。