AGA治療はプロペシア錠を飲む

AGAの治療はとどのつまり、プロペシア錠の処方につきます。

高い料金の確認をしてでも医者が処方するのはこの薬が効果的だからです。

処方も飲むだけでいいので、使い方も非常に簡単です。

しかし料金は高額です。

 

ではプロペシア錠とはどんなものなのか?

薄毛,若ハゲは治療できるプロペシア錠とは?

まずAGAは男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)の関与がAGAの原因になっているということが、唯一分かっています。男性ホルモンDHTは、前立腺や頭皮に存在する酵素「5α-リダクターゼ」が、テストステロン(男性ホルモンの一種)を変換させることにより発生し、血中のDHTの濃度が高いほど、AGAが進行するということです。

この治療薬プロペシア錠に含まれているフィナステリドという成分はAGAの最大の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑えることができる抜け毛防止効果があることが証明されているのです。

実はこのフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として1991年に開発されました。はじめはAGAに対してではなかったのです。そしてその後の研究でAGA治療にも効果があるとわかり、今では抜け毛治療の薬として使われるようになったのです。

このプロペシア錠に含まれているフィナステリドの効果は世界中で認められ、現在では世界60ヶ国以上で承認・使用が許可されています。日本でも2005年に厚生労働省が認可し「プロペシア」の名で発売されるようになりました。

プロペシアの効果を知るため、日本国内で臨床試験が行われた結果、抜け毛予防などの目的で3年間継続して使用することで78%の人に増毛効果が得られることがわかったのです。効果がわかった以上、最も効果的な治療薬といえます。