塗る薬!?:ミノキシジルの効果とは


ミノキシジルですが、聞きなれない人もいると思います。
プロペシアは、AGAで検索したり、薄毛、脱毛で悩んでいる人は
聞いたことがあるのではないでしょうかミノキシジルは、血管
拡張剤として開発されたものなのですが、発毛効果もあるとされ、
日本でも成分が使用されているものがあります。大正製薬の
リアップです。リアップにはミノキシジル1%配合のものと
5%配合のものがあります。

アメリカ食品医薬品局認可済み

アメリカ食品医薬品局(FDA)で正式に認可されている
ものです。 開発の話を書いてますが、元々は血管拡張剤として
開発されて、血管を拡張しまして、血流を多く流すという物です。

その効果の他にも発毛効果にも有効だとされまして、育毛剤に
使われるようになっています。

発毛のしくみとしては、髪の毛の根元にある毛根には、毛母細胞に
囲まれた毛乳頭があります。毛母細胞が分裂や増殖を繰り返す事で、
髪の毛が生えてきたり、成長したりするのです。毛乳頭に栄養が
来ると、毛母細胞に栄養が送られて分裂や増殖を促します。

そうなると、ミノキシジルを含む成分の育毛剤は、塗布したり、
内服するのですが、ミノキシジルの効果によって血管を拡張して
血行を促進させていくようです。 血行が促進されれば、栄養や
酸素が多く運ばれますので、発毛や育毛に効果が出るのではない
でしょうか

ミノキシジルが含まれる商品

輸入品としては、ロゲイン ロゲインのジェネリックであるカークランド
ミノキシジルタブレットなどがありますし、日本ではリアップが
ミノキシジルの成分を配合した商品になっています。