プロペシア錠とは


プロペシア錠は、世界各国で使われているAGA(男性型脱毛症)の
治療薬です。AGAになる原因は様々あるのですが、男性ホルモンの
一つでもあるジヒドロテストステロンが原因の一つとされています。
ジヒドロテストステロンは、テストステロンが変化する事によって
できるのですが、こちらのテストステロンも男性ホルモンの一種では
あるのです。ジヒドロテストステロンが多く発生してしまうので、
それが血管内で大量にあると、AGAの症状が進行してしまうそうです。
という事は、ジヒドロテストステロンを抑制することができれば、
薄毛になりにくいということになります。

プロペシア錠の効果とは

プロペシア錠は、男性脱毛症の方に効果があります。

頭部の発毛を促進させ抜毛の進行を食い止める発毛剤として注目を浴びる成分フィナステリドは、ホルモンの働きを抑制し抜け毛を防止する薬剤です。ホルモン活性を阻害する男性型脱毛症治療薬として代表的なのが、5αリダクターゼ(酵素)阻害薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)です。そのフィナステリドがプロペシア錠には含まれています。

プロペシア錠の使用方法

1.医師の指導、または自己責任に基づいて服用して下さい。 
2.プロペシアは1日1錠です。それ以上服用しても効果は変わりません。 
3.水と一緒に飲んで下さい。食前でも食後でも、いずれでも結構です。
4.男性脱毛症は長期にわたってもたらされます。そのため、プロペシアの効果が現われるのに通常3ヶ月以上必要です。
5.当医薬品の服用継続は医師の処方に従って下さい。服用中止によって脱毛の進行が見られるかもしれません。
6.当医薬品の服用を取り止めるか否かが不明な場合は医師または薬剤師に相談して下さい。
7.一度に2錠を服用することは止めて下さい。
8.もし通常以上に服用してしまったら、直ちに医師にご相談、または、インターネット上で検索いただきご確認ください。

プロペシア錠の副作用

1.勃起不全 
2.性欲減退 
3.性行為中の精子の減少

基本的に男性ホルモンを抑制するので男性機能に多少の影響があります。

プロペシア錠を使っては行けない人

本剤に含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある人。

成人男性でない人。(特に妊産婦、授乳産婦、妊娠の可能性がある人)

重度の肝機能障害がある人。  

プロペシア錠に含まれるフィナステリドは男性機能へ影響するものであり、成人男性以外は処方してはいけません。女性は使うことができません。また多少とも血圧や血流にも影響するため心臓関係や血圧関係の持病がある人は処方できません。